女の子もお店も綺麗だけどどこか冷たい高級店とアットホームで居心地良い古き良き昭和な大衆店。

公開日: : 最終更新日:2016/01/17 ガールズバー, キャバクラ・ラウンジ・クラブ, 社会

大衆キャバクラって高級キャバクラ行くお客さんは来ないのか?っていうとそんなことないんですね。

 

大衆キャバと高級キャバは性質が違います。

 

顔や接客のうまさだけなら間違いなく高級店の方が上でしょう。

 

だけど高級店って女の子も従業員もビジネステイクなんですね。

 

要するにお金なわけです。

 

だからどうしても冷たさがあるんですね。

 

よくお客さんが言うのが高級店は緊張するとか、心から楽しめない、落ち着かないってことなんですね。

 

要するに高級店は友達の家なんですね。 大衆店はわが家なわけです(笑)

 

結局、金持ちの人たちも最初の4、5軒は六本木とか西麻布、新宿、銀座の高級店で飲むんですね。

 

だけど、最後はやっぱり地元の大衆キャバクラとかスナックで飲むわけです(笑)

 

なぜかというと大衆店はアットホームで落ち着くんですよ。

 

偉い社長さんも六本木のお店はしごして、最後は地元のスナックで飲むんですね。

 

関東連の人たちもそうです。

 

六本木や西麻布で飲んだ後、最後は千歳烏山とか三軒茶屋とかで飲むんです。

 

エリートサラリーマンも銀座、西麻布で接待したあと、地元の恵比寿とか門前仲町の大衆キャバで疲れを癒して帰ります。

 

お客さんも「ここ落ち着くわー!」とか「ここアットホームやなー!」となるわけです。 会員制ラウンジとか高級キャバクラが現代的だとしたら、大衆キャバクラ、スナックは昭和的なんですね。

 

金より人情、居心地なわけです。

 

大衆キャバクラやスナックでやってた綺麗な子が六本木や歌舞伎町の高級店でやってみよう!と進出しても何年かしてまた戻ってくるわけです。

 

大衆店はその子にとっての居心地のいい「地元」的なところでもあるんでしょうね。

 

そんな俺は六本木、西麻布のかっこつけたお店よりも、肩ひじ張らない古き良き昭和の大衆店が好きですね。

 

女の子も六本木、青山のかっこつけた子よりも大和とか小岩とか松戸とか朝霞台とか柏、八王子、浜松の大衆店の子の方が好きですね(●´ω`●)

関連記事

no image

帰りの電車から垣間見た現代日本の若者のリアル

帰りの電車で20代前半の社会人2人が話してて、1人が「俺最近カードでキャッシングしちゃってさー借金1

記事を読む

no image

お金は使ってこそ価値がある!

お金って大事だけど、貯金ばかりしていてもダメだと思う。   自分の趣味やした

記事を読む

no image

ナンバーワンキャバ嬢セミナー10月3日17時半から開催です。

ナンバーワンキャバ嬢セミナー明日17時半から開催です。   これから始まるマ

記事を読む

no image

祇園の高級クラブの子からの相談。祇園や北新地や銀座なんて基本的にブスとおばさんばっかりだからね。

祇園の高級クラブで働き始めた女の子から相談が来て、すごい緊張するし何話していいかわからないしもうダメ

記事を読む

no image

汁男優やAV男優のバイトは実は弁護士や税理士、東大生などエリートが多い。エリートほど変態。

AVの汁男優や男優のバイトをやっている人は弁護士や税理士、会計士など固い職業の人が多いとAV制作の人

記事を読む

no image

狩野英孝と加藤紗里

キャバ嬢とボーイの風紀にしか見えない pic.twitter.com/Og8fMriuEe —

記事を読む

no image

NHKクローズアップ現代のJKビジネスにも怒り!!

クローズアップ現代も何をとんちんかんなこと言ってるのか。 少女を食い物にする裏社会という認識自体を変

記事を読む

no image

勢いを止めるターニングポイントとなる事件。神戸の勢いを止めた阪神大震災、秋葉原の勢いを止めた秋葉原殺傷事件、新宿の勢いを止めた新宿騒乱事件、六本木の勢いを止めた関東連合。

秋葉原殺傷事件、被告の死刑確定へ 最高裁が上告退ける - 朝日新聞デジタル http://t.c

記事を読む

no image

恐るべし色管理

今日二人組の女の子がもう店長ありえないし、時給低いし店変わりたいんだよねー!って言いながら歩いてたの

記事を読む

no image

中條寿子さんはめちゃくちゃ本質をついてる! 東京には何もない。幸せは地方にこそある。

「東京は希望」「東京には何もない」山内マリコ×中條寿子の女子と地方 http://www.cyzow

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    TIME誌「女性の貧困について」
  • 友だち追加数