東野圭吾「白夜行」を読んで。 大阪の描写が秀逸。「育つ環境」と「生まれ」について鋭く訴えかけている。

公開日: : 最終更新日:2015/10/20 書評

東野圭吾の白夜行を読み終えました。

 

ここでも街の描写は細かく的確だと思いました。

 

白夜行の主な舞台は大阪です。

 

東野圭吾は作中で大阪(生野)について登場人物に語らせているのが、大阪(大阪人)のリアルだと思います。

 

桐原「大阪は狭い、どうってことない町だ。くすんだ町だ。埃っぽくて、薄汚れていて、ちっぽけな人間たちが虫みたいにうごめいている。そのくせ連中の目だけはぎらぎらしていている。すきを見せられない町だ。」

 

古くて小さな民家がびっしりと並んでいる。この地には建蔽率はないみたいだ。

 

商店がいくつも開いていたし、歩いている人の数は多い。商店主や通りかかる人の目には目力があった。無論、単に精力的なだけではない。誰かがすきを見せたらつけ込んでやろう、出し抜いてやろうという企みが、その目の光には宿っているようだった。

 

そして美しい悪女雪穂が通っていた小学校の記述。

 

毎年何人かが万引きで捕まり何人かが親の夜逃げでいなくなる。午後に前を通ると給食の残飯の匂いがし、下校時刻になると子どもたちの小遣いを狙った胡散臭い男たちがどこからか現れる。もっとも子供たちはそんな大人に引っかかるほど甘くはない。

 

そしてこの地区の小学生の記述。

 

薄汚い恰好で、妙に擦れた顔つきをした子ども。

 

これらは大阪(生野)についての記述であるが、俺も大阪出身ということで、このあたりの記述は本当によくわかる。

 

本当にここに書かれている内容そのままの街だと思う。 生野だけがというよりも大阪という街はこういう街だと思う。

 

だから大阪という街や人を嫌う人が多くいるのもわかる。

 

白夜行が作品を通して、訴えかけてくるのは、「育つ環境」と「生まれ」についてだと思った。

 

「家に金があるから、ああいう紳士が出来上がるんだよ。顔立ちだって気品ってものが出て来る。あの人だって貧乏人の家に生まれてたら、もっと下品で卑しくなってたに決まってる」や

 

株やブティック経営に見られる生野の貧乏家庭で育ったことによる雪穂の金への執着。

 

「服はその人の内面を引き立たせるもの。だからお客様の服を選ぶときは、その人の内面も理解してあげないと。」「たとえば本当に育ちの良い人が着ると、どういうものでも気品に溢れて見えるものなんです。」

 

雪穂は、生まれ持っての美貌に児童期にあらゆる汚い中年の男に体を弄ばれた過去、生野の劣悪な環境、そこから芦屋よりも地価の高い大阪の高級住宅地真法院町へと引っ越しお嬢様として育てられた過去、それらが絶妙にマッチすることでとてつもなく魅惑的で妖艶な悪女キャラになっている。

 

雪穂はやってることはめちゃくちゃ酷いけど、白夜行を読んだ男性読者は、絶対雪穂のことを嫌いにならないだろうなーと思いました。

 

むしろ抱きたい!!って夢中になるんじゃないかと思いますw

 

雪穂は「風と共に去りぬ」のスカーレットオハラに憧れていたと作中で語っているけど、強い女性として過去のトラウマやしがらみにも負けず、この世を強く逞しく生き抜くという姿勢はオハラと同じなのかなーと思いました。

関連記事

北条かやさんがキャバ嬢やホステスなど夜の女性に嫌われるのは当たり前!

北条かやさんの「キャバ嬢の社会学」を読みました。   本当田舎の大衆キ

記事を読む

団地団に行ってきました。山内マリコさんや雨宮マミさんはマイルドヤンキーを理解できないんだろうなー

昨日は団地団に行ってきました。   サブカル好きは60年代安保、70年代安保の

記事を読む

原田曜平さんの「ヤンキー経済」を読んだ後の違和感

原田曜平さんの「ヤンキー経済」という本を読みました。   最近言われる地方の

記事を読む

no image

曳舟と東野圭吾(幻夜の舞台)

幻夜で主人公の男が関西から何の縁もゆかりも無い中、本当は関西に帰りたいという気持ちを胸に秘めながらも

記事を読む

no image

日本はあまり力をつけすぎた出る杭は国家権力が別の誰かにやられてしまう。

許永中さんの「日本の闇を背負い続けた男」(溝口敦)がめちゃくちゃ面白い。  

記事を読む

no image

大和彩さんの「失職女子」読んだけど全く必死さが伝わってこない。セックスワーカーを見下しすぎ!!

大和彩さんの失職女子読んだけど、ところどころで風俗をバカにする記述が出てくるね。  

記事を読む

no image

藤田孝典さんの「貧困世代」を読みました。夜の仕事への職業差別はやめてほしい!

藤田孝典さんの貧困世代ー社会の監獄に閉じ込められた若者たちを読みました。  

記事を読む

オタクに必要なのは「オタクのための風俗ガイド」ではなく「オタクのためのキャバクラガイド」

眠田直さんの「オタクのための風俗ガイド」というのが発売されて話題になっています。  

記事を読む

東電OL殺人事件。「今」を楽しんで生きたコギャルと、「今」を我慢することで将来いいことがあると考えて生きた東電OL。

最近「東電OL殺人事件」についての本をいくつか読みました。   事件は、199

記事を読む

中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」の感想。マッチングを行うことで偏差値10上げることは可能。

中村淳彦さんの「日本の風俗嬢」についても感想をまとめておこうと思います。  

記事を読む



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    中村淳彦さん「日本の風俗嬢」取材協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    「週刊プレイボーイ」取材協力
    「スポーツニッポン イマドキの仕事人」取材協力
    共同通信「JKビジネス」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    WEBプレイボーイ「高級ヘルスの行方」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
  • 友だち追加数