六本木のキャバクラ、ラウンジ、高級クラブで働くのは絶対にやめましょう!

六本木のキャバクラ、ラウンジ、高級クラブ事情について書いときます。

 

六本木はいつも書いてるとおり地方などから出て来ていきなり働くのはやめた方がいいです。

 

これは新宿もそうですが、指名店がほとんどでフリーが入らないので、ヘルプ周りをして終わるということになります。

 

また六本木のキャバクラは完全実力主義で見せかけの時給は高いですが、バックはほとんどないシステムになっています。

 

六本木の最高給率は40パーセントです。

 

確かに保証期間(一か月)は時給7000円など高時給を出しますが、六本木は客を呼べないと出勤調整がすぐかかります。

 

9時に出勤して11時に上がらせるなんてこともあります。

 

また保証期間が切れると最低時給3500円になります。

 

しかもバックがほとんどない状態での3500円なので実質2000円くらいになります。

 

しかもノルマや出勤調整もあります。

 

このように非常に働きにくい街なのですが、今だに地方では新宿、六本木、銀座なのでみんな六本木に行くのです。

 

そして先に上げた理由から、すぐに使い捨てにされて保証が切れるとすぐ辞めていきます。

 

また六本木は給料未払いのお店が非常に多い街でもあります。

 

みんなこういった真実の六本木の姿を知らないからですね。

 

どうしても六本木がいいならば、まずやはり前提としてフリーがそこそこ入るお店に行った方がいいと思います。

 

六本木でそこそこフリーが入るのは、美人茶屋とズーですね。

 

やはり外苑東通りに面していることと、ロアビルとロアビル向かいの好立地ですね。

 

客層は輩系ですね。

 

オスカーのキャバクラなら美人茶屋かズーがいいですね。

 

ただ美人茶屋は女の子の雰囲気があんまりよくないので、ズーの方がいいですね。

 

他のオスカーの離宮やミュゼルバ、ビゼ、リブレットはフリーが入らないことと、古株優先なのでやめた方がいいですね。

 

客も良いお客さんは古株が掴んでいて、後は地方からの出張客など良い客は少ないです。

 

最近六本木のオスカーで事業部長や店長などの幹部が多数辞めたようです。

 

オスカー系はますます厳しくなりそうですねー。。

 

六本木では一番仕事もできると評判の良かったズーの店長も辞めてしまったのでズーもこれから厳しいと思います。

 

ズーのフリーが以前より入らないということも言われました。

 

他はチックの系列がありますね。

 

チックは社長が従業員に対して23日間に渡り暴行監禁したところなのでやめた方がいいですね。

 

時給もオスカーに比べて安く、当然バックもほとんどありません。

 

客層も安サラリーマンなどが多く太客を掴みづらいです。

 

系列には会員制キャバクラのルクラブドゥ東京があります。

 

木の扉です。

 

しかし会員制というのはフリーの数が少なくとてもやりづらいです。

 

ここもオスカーに比べて時給が安く、まったく稼げません。

 

そしてよく誤解されていますが、会員制の方が客層が悪いです。

 

閉じられた世界なのでお触りやアフターへの誘いなど激しいのです。

 

チックとルクラブ東京についても給料の未払い相談が多数あります。

 

あとは六本木3丁目で見ると舞人があります。

 

舞人が全盛期だったのは同じく00年代後半ですね。

 

前オーナーのカリスマ性とマネージャーの人の手腕がものすごいものがありました。

 

そのため良い女の子をそろえていましたね。

 

しかし今はフリーが入らない。

 

ひいきやパワハラなどもあっていい女の子が抜けてしまったこと、雰囲気がよくないこと、時給がオスカーに比べて見劣りすること。

 

それもあってどんどん衰退してしまいました。

 

近くにはRがありますが、Rも00年代後半に比べてダメになりましたね。

 

フリーが入らないので難しいですね。

 

入ってもすぐ辞めていく子が多いです。

 

Rは現在閉店となっています。

 

あとはしらす会長率いるしらすグループですね。

 

ルーベルがありますね。

 

ここは同伴、アフターなど頑張る子を求めてる感じですね。

 

システム的には完全実力主義の給率40パーって感じです。

 

ただドリンクバックがつくのでその分は他よりはいいかと思います。

 

給料日が月3回など特殊なシステムですね。

 

客層は輩系ですね。

 

ここの前身(旧カラー)は6代目山口組の落合金町連合保科一家若頭と極心連合会幹部が住吉会幸平一家の関東連合と怒羅権の混成部隊約20人に襲われたキャバクラですね。

 

ミッドタウン方向にはニュース、スマイル、バッドガール、モールド、エンカウンター、ラプンツェル、ダダ、エイチなどですね。

 

この辺もまあ稼げませんね。

 

ニュースは時給が安すぎることと、安客ばかりなこと。

 

スマイルも時給安すぎるのと、安客ばかりですね。

 

バッドガールも安い時給で主に女子大生などがバイトで働いていますね。

 

モールドやH(エイチ)、CALANO(カラノ)、ミリオン、REGGINA(レッジーナ)、XO(エックスオー)、オーマイス、アレナ、ナイトカフェは会員制ラウンジです。

 

会員制ラウンジは会員制で閉じられているためお触りなど客層も悪くなりやすいです。

 

こういう女は普段クラブなどでめちゃくちゃやっているので客層悪いのが普通の感覚です。

 

エンカウンターはドリンクバックだけですね。

 

アリエル(旧ラプンツェル)とダダ、ピアニッシモも客入りが悪くヒマですね。

 

時給も安いです。 同じくアールクレイジーやグローブなども。

 

ルパンなんかもフリーが入らないし客層が六本木は良くないので稼げないです。

 

最近は六本木にワントーキョー(旧セフィロト)という新店のキャバクラが出きました。

 

残念ながらよくないです。

 

フリー入店が少ないので難しいと思います。

 

それに六本木はただでさえ客が少ないのに新店だとなおさら厳しいです。

 

女の子数名からも調整が激しく厳しいと聞いています。

 

在籍の女の子も性格などきつい子が多いようです。

 

10月にも新店の六本木アナスタシア(The Great Cocoon ANASTASIA )ができました。

 

ここはプラザグループの東京ガールズカフェの系列です。

 

しかしプラザグループはやめたほうがいいです!

 

浅草の系列店では店長が従業員を火あぶりにして死傷させています。

 

またプラザグループは給料未払い相談が多数あります。

 

プラザ系列は黒服の色管理や風紀なども激しい系列です。

 

埼玉の大宮や川口などにあるララァの系列店六本木ララァが六本木にオープンしました。

 

また歌舞伎町オレンジテラスの系列で六本木オレンジテラスと歌舞伎町ディアレストの系列で六本木ディアレストもオープンしました。

 

オレンジテラスはフリーの少なさから難しいと思いますね。

 

歌舞伎町オレンジテラスの方が客層も六本木よりは良いしフリーも入ると思います。

 

ララァは元オスカーの人が立ち上げたグループです。

 

しかしつい先日も同じく元オスカーの人が立ち上げたセフィロトが給料未払いで数か月で潰れてしまいましたので注意は必要ですね。

 

六本木ララァは六本木の他の店同様客層が悪いのとフリーがやはり少ないと思います。

 

ララァなら大宮のララァの方が良いと思います!

 

六本木ディアレストも客層の悪さやフリーの少なさなど評判は良くないです。

 

ディアレストなら歌舞伎町のディアレストや町田のラグゼなどの方が絶対良いですね!

 

セフィロトやテポラ、プレイル、インフィニティなど過去には新店舗で数か月で給料未払いのまま潰れて行ったお店が多数あります。

 

こうやって見て行くと、六本木のキャバクラではズーかディアレストかララァかオレンジテラスが良いと思います。

 

クラブは六本木だと一番良いのはミトスグループかなと思います。

 

ミトスと茜ですね。 日給が高いことと、指名バックが大きいこと、そしてお姉さんたちが優しい人が多いので働きやすいというのがあると思います。

 

リニューアルして勢いもありますね。

 

客層的にはヤクザが多いですが、やはり六本木ではヤクザを掴まないとやっていけません。

 

したがって六本木のクラブならミトスか茜が良いと思います。

 

次はフュージョンラウンジですね。 ここもミトスと似た感じですね。

 

その二つが厳しい場合はアンシャンテ、ベルフェーム、ローゼ、パシャ辺りが良いと思います。

 

ママも優しいのがいいと思います。

 

瀬里奈(花かん、キンコンカ、フェリーク)は日給が2万5000円くらいしか出ないのとバック率も低いこと、客層的にお金持ってる人がミトスやフュージョンの方が多いので瀬里奈はやめた方がいいですね。

 

また瀬里奈系列も給料の未払い相談が多数ありました。

 

オスカー系の美の間やクロリスなどは確かに日給は高いですがノルマがきついですね。

 

あとはロアビル近くのプロポーションはとにかくママがうるさいのと、その割にノルマがかなりきついこと、日給が出ないことなどからやめた方がいいですね。

 

セタルモ方面にあるクラブジュリエッタは客層の悪さなどから定着率が悪いですね。

 

ピアーノも客入りがよくないですね。

 

カーリアン、イクシオン、クラブ花、クラブ果実辺りはあんまりですね。

 

給料問題が言われています。

 

この辺でやるならあえて六本木でやる必要はないかなと思います。

 

あとはリムジンダイニングとかレッドドラゴンとか満月倶楽部、ミスユー、twelve、パルファン、エリゼ、方言女子、リングとかいろいろあるけどその辺はとくに行かなくていいかなと思います。

 

ソワンが閉店して8月にリヤンとしてリニューアルしています。

 

ママがいるこじんまりとしたお店ですね。

 

10月にはクラブの新店パークスターができました。

 

公園をイメージしたお店らしくゆったりとくつろげる作りになっています。

 

パシャのママが独立したお店のようです。

 

場所は芋洗い坂を下ったローゼやアンシャンテ、ベルフェームの近くですね。

 

リヤンと同じくこじんまりとしたお店だと思います。

 

実質六本木の9割のお店から給料の未払い、ごまかし相談があります。

 

六本木は全体としてやはり衰退していること、そしてフリーが入らないこと、給料未払い店が多いこと、給率が低く稼げないことなどからオススメはしないですね。

 

あとこれも求人のウソ情報に惑わされて誤解している人が多いですが六本木で寮ありのお店は瀬里奈系列くらいしかありません!

 

インソー系列やオレテラ、ディアレスト、ララァなど他は寮はありません。

 

まとめとしましては、六本木のキャバクラならズー、ディアレスト、ララァ、オレンジテラス。

 

クラブの場合はミトス、茜が良いと思いますね。

 

稼ぎよりもこじんまりとやりたいならリヤンやパシャ、パークスターでもいいと思います。

 

*風雅、ベルラ、ラルーチェ、エマクラブ、KAZE(カゼ)、セフィロト、REX(レクス)、ソワン、エレノア、ポッシュ、セタルモ、R(アール)、キングは閉店となっています。

 

相談ありましたら気軽に連絡ください。

 

友だち追加数 

関連記事

no image

1つの街で独占市場化するとやはりよくないと思いますね。

横浜のプリンスはどちらかというと歌舞伎町に近い。   歌舞伎町的なギスギスとし

記事を読む

no image

西麻布のKAZE(カゼ)が閉店。これから西麻布、恵比寿への警視庁集中取り締まりがあります!

西麻布のオスカーグループのカゼが2月29日で閉店しましたね。   もちろん客

記事を読む

伊勢谷友介の発言は無意識に風俗嬢やキャバ嬢を差別してることに気づいてない。

伊勢谷友介が新宿スワンのインタビューで「スカウトとか最低ですよ! か弱き女性を風俗やキャバクラなんて

記事を読む

no image

警察はガールズバーのティッシュ配りを軒並み摘発した方がいいですよ! 本当被害者すごい数出てます!!

ホームページや街で貰うティッシュを見てガールズバーの面接に行くのはやめましょう!  

記事を読む

no image

病んでるキャバ嬢は新宿、六本木、西麻布、恵比寿のキャバ嬢(ホステス)。銀座、渋谷のキャバ嬢(ホステス)は病まない。

キャバ嬢でもよく病むわ~とか、だるいわ~とか、死ねとかつぶやいてるのは正直新宿とか池袋、六本木、恵比

記事を読む

門前仲町のキャバクラ。門前仲町は下町的な情緒に近年アッパーミドル層が流入していて活気がある。小料理屋やスナックが熱い!!

門前仲町のキャバクラ事情について書いておきます。   最近街として門前仲町が盛

記事を読む

no image

無理に頑張らせても病むだけでしかない

  指名が返らないとか、客を掴めない、延長が取れないというのは店がまず合って

記事を読む

no image

ピンサロと会員制ラウンジは同じ。いかに安く良い女の子を使うかが考え抜かれたシステムができている。

このピンサロシステムはまるでキャバ嬢の半値のような賃金で表面の言葉に騙されて喜んで働いている会員制ラ

記事を読む

no image

やはりキャバクラでは居酒屋や焼肉屋のように和気藹藹、みんな仲良くアットホームに働くことは不可能。

キャバクラ業界、会員制ラウンジ業界、高級クラブ業界、AVの業界にそれぞれ入り込むことで、外からだけで

記事を読む

地方や郊外のキャバクラから出てきていきなり歌舞伎町や六本木で働くのはやめた方がいい。

地方や郊外のキャバクラから出てきていきなり歌舞伎町や六本木で働くのはやめた方がいい。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 神奈川県で教師をしていました。

    キャバクラや風俗など夜の仕事で働く女性、シングルマザー、家出少女を中心に女性を幸せにするためのNPOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。

    東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。6000人以上の女性を幸せにしています。

    NPOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる少女支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。

    心理カウンセラー、ファイナンシャルプランナーです。

    仕事や出稼ぎを探している方、関東や関西の不動産を探している方、カウンセリング希望などご気軽に連絡ください(^^)

    メール=fujio1121@yahoo.co.jp 
    ライン=fujio1

    メディア出演歴
    NHKスペシャル「女性の貧困」取材協力
    NHKクローズアップ現代「子どもはどこへ消えた」取材協力
    「東洋経済」さんの鈴木涼美さんのコーナー対談、協力
    TBS「報道特集 女性の貧困」取材協力
    宝島社、井上理津子さん「吉原」取材協力
    東京大学「夜の仕事や芸能、家出少女」取材協力
    TBSニュース23「女子大生風俗嬢」取材協力
    週刊ポスト「援助交際について」取材協力
    読売テレビ「NNNドキュメント家出少女」取材協力
    共同通信「U30のコンパス」取材協力
    デンマークメディアの取材協力
    潮8月号「ひとり親家庭の苦悩」取材協力
    名古屋テレビめ~てれ「JKビジネスとAV強要問題」
    産経新聞「関西の夜の仕事事情」取材協力
    関西テレビ報道センター「関西のキャバクラ・風俗などナイトワーク事情」取材協力
    産経新聞「AV強要とJKビジネスについて」
    米TIME誌「女性の貧困について」
    NHK社会番組部高橋さん「引きこもり支援について」

    支援企業
    英投資銀行バークレイズ
  • 友だち追加数